世界中で 

多様性を発見 

シベリアがマイナス 30 °C の一方で、シンガポールは 30 °C の気温です。凍った川でアイススケートをしている人もいれば、ビーチでアイスクリームを食べている人もいます。年末年始の季節が世界でこれほど違うのです。  しかし、世界中で共通していることが 1 つあります。文化にはそれぞれ独自の教養的、精神的、娯楽的な伝統がありますが、どれもすべて人々、家族、仲間とつながりがあります。それは一緒になって祝うことにつながります。また、結束を固めることにもつながります。  これは世界中の OASE ファミリーに通ずることです。スカンジナビアから日本まで世界中の仲間が集い、文化的伝統を互いに共有しました。  OASE の国々での文化の冒険に加わり、古代儀式、特別な装飾、スイーツのレシピを発見していきましょう 


スペイン | オルホ祭

1984 年から伝わるこの伝統的な祭りは、毎年 11 月にカンタブリアで開催されています。何千人もの人々が祝いにスペイン北部に集まります。オルホの発祥はリエバナ地方で、この地方の修道院で見つかった中世の文書にも記されています。この神聖な酒の重要性についてご存知ですか?かつては通貨として使用されていたのです。街中でオルホが蒸留されるところを鑑賞してから試飲を楽しみ、ミュージカルショーや民俗パフォーマンスと一緒に、地元のセラーにあるさまざまな種類を味わい、有名な郷土料理を発見しましょう。


ドイツ | ドイツのクリスマスマーケット

一般的なクリスマスマーケットは、街中の大通りや広場で催され、数多くの露店が立ち並びます。クリスマス用の焼き菓子や地元の特産品も取り揃えられています。マルドワインなどの温かい飲み物も用意されています。  毎年クリスマスマーケットでは、クリスマスプレゼントや手工芸品を販売する露店があります。また、たいていのクリスマスマーケットでは、演劇や音楽の文化的なプログラムもあります。多くの場合、クリスマスマーケットには、大きなクリスマスツリーや華やかなイルミネーションによる独特な魅力があります。


英国  | Apple Wassailing(アップルワッセッリング)

「wassail」という言葉は、古アングロサクソン語の「Wæs hæl」(to be in good health、健康であること)に由来し、来シーズンの豊作をリンゴの木に祈るという趣旨があります。元々、果樹園の労働者の賃金は、自分たちが生産しているリンゴ酒と連動していたので、彼らは豊作を強く願っていました。  

できる限りの騒音で悪霊を追い払うために、リンゴの木のまわりでお酒を飲んで大騒ぎしたり踊ったりするのです。そして守り神を迎え入れるために、リンゴ酒で浸したトーストを果樹園にある木の枝に供えるのです。 


日本 | ゆず湯

五感の健康は、日本の冬の伝統文化にもなっています。日本では冬至になると、多くの人々がゆず湯に入る習慣があります。38℃ ~40 ℃ のお湯に、果実を丸ごと入れたり、スライスしたもの(ネットに入れる)を入れたり、絞った果汁を入れたります(敏感肌の方にはお勧めできません)。ゆず湯に 15~20 分間入ると悪運が追い払われ、幸運が巡ってくると言われています。また、ゆずの香りも体と心をリラックスさせてくれます。

中国 | 春節

冬になると中国では春節があります。1 年の終わりに家族が集まり、花火やごちそうで敬愛と感謝を祝います。人々は切り絵を飾り、春節を祝います。鯉の形もあれば、「福」の文字もあり、ツバメの模様もあります。春節の大晦日には、家族全員がテーブルについて、食事やだんらんをします。外では、幸先を願って花火や爆竹が鳴り、あらゆるものが活気づけられます。

スイス | チーズフォンデュ

チーズフォンデュは、溶けたチーズを使った料理です。スイス中のさまざまな地域で作られています。チーズに加えて伝統的になくてはならないのが、コーンスターチ、白ワイン、キルシュ、ガーリック、レモンジュース、コショウ、ナツメグです。これらを混ぜ合わせて温められたものは、テーブルのレショーに置かれたセラミック製の特殊な器に入れられます。食べる人たちは、長いフォークでパンを取り、溶けたチーズの中に入れて、パンがチーズでコーティングされるまで円を描くように動かします。

オーストリア | ウィーンオペラボール

毎年冬に催されるウィーンオペラボールは、ウイーン国立歌劇場におけるボールシーズンの目玉的な社交イベントです。オーストリア内外の文化人、起業家、政治家向けの国内最大規模のイベントとなります。オープニングセレモニーでは、Young Ladies' and Gentlemen's Committee から 180 組のダンスカップルが参加します。舞踏会はオーストリア連邦大統領の入場で始まります。Committee はポロネーズに合わせて舞踏場に入場します。

ロシア | ロシアバーニャ

ロシアバーニャは、ロシア最古の伝統の 1 つです。たいていの場合、浴室は湖か池の近くに造られ、蒸し風呂を出たら裸のまま水に飛び込んでいました。近くにこうした自然の水がない場合、代わりに冷たい井戸水を浴びていました。ロシア初の浴室は丸太だけで造られ、木の種類によって独特な香りを持ち、それが大きな魅力ともなり、さらに健康面においてもプラス効果がもたらされました。


ポーランド | ジンジャーブレッドクッキー

材料:

小麦粉 320 g、ハチミツ大さじ 2 杯、砂糖 150 g、重曹大さじ 1.5 杯、ジンジャーブレッドスパイス 20 g(1 袋)(既製品か自家製が最も簡単です)、バター大さじ 2 杯、卵 1 個(さらに刷毛塗り用に卵をもう 1 個)、温めた牛乳 2~4 杯

準備: 

ペストリーボードで小麦粉をふるいにかけ、温めたハチミツを注ぎ、混ぜます(ナイフの使用をお勧めします)。混ぜ続けながら、砂糖、重曹、スパイスを加え、さらにバターと卵を 1 個加えます。 

牛乳を少しずつ(大さじ 1 杯ずつ)加えながら、手で生地をこねます。約 10 分続けると、滑らかで無地のショートクラストのような状態になります(牛乳はすべて使用する必要はありません)。 

小麦粉をまぶしたボードで生地を延ばして、厚さ約 1/2 cm のケーキ状にします。型を使ってジンジャーブレッドクッキー型にカットします。ベーキングペーパーが裏打ちされているベーキングシートに、約 2 cm 間隔で置きます。 

溶き卵を表面に刷毛で塗り(ジンジャーブレッドクッキーにデコレーションする場合は不要)、180 ℃に予熱したオーブンで、厚さに応じて約 10~12 分間焼きます。 

チェコ共和国 | Vánoční lodičky - クリスマスボート

 チェコ共和国の伝統の 1 つとして、クリスマスになると、水の入ったボウルや洗面器に、クルミの殻を小さなボートにして火を灯したキャンドルを浮かべます。この伝統は質問に答えたり、未来を予測したりできると信じられています。質問をする人がクルミの殻でボートを作り、水に浮かべることが重要です。浮かべるボートの数は家族の人数と合わせます。ボートが群れから離れると、そのボートの人物が社会に巣立っていくと言われています。ボートが離れなければ、家族は一緒にいます。ボートが自力で無事に岸に到達した場合、願いが叶うと言われています。水面で最も持ちこたえられたり、長時間にわたり火が灯ったりする場合は、末永く幸せな生活が待っています。

ハンガリー | Halászlé(ハラースレー)

ハラースレー(フィッシャーマンズスープ)は、辛くてスパイシーなパプリカベースのフィッシュスープです。ハンガリーの郷土料理である赤色が鮮やかな温かい料理では、ホットパプリカ、オニオン、コイ、さまざまな河川魚類が豊富に使用されます。ドナウ川とティサ川流域を中心としたパンノニア平原の原産になります。ホットパプリカに加え唐辛子もふんだんに使用されているので、ハラースレーはヨーロッパ大陸でも有数のスパイシーな料理と言っても過言ではありません。

ベルギー | ニューイヤーズダイブ

ニューイヤーズダイブは毎年開催される伝統的なイベントで、年末年始に開催されます。集団でオープンウォーターに飛び込みます。多くは元日に行われますが、ボクシングデーなど、1 月や 12 月の別日に行われることもあります 。寒い冬の日の水に飛び込むことが挑戦なのです。最も有名なのが、オステンドの De Smeets New Year's Dive で、新年を迎えた直後に開催されます。

オランダ | 11 の町をめぐるツアー

Elfstedentocht は、王立協会 De Friesche Elf Steden が主催する世界最大のスケートイベントです。フリースラントの州都、レーワルデンがこの大冒険となるスケートツアーの発着地となり、参加者は運河を伝い約 200 km をかけて、かつて 11 あったフリジアの町を訪れます。このイベントは、全ルートにおいて氷の厚さが 15 cm 以上なる厳冬の時期のみ開催されます。前回開催された Elfstedentocht は 1997 年でした。


デンマーク | ヒュッゲ

デンマークのヒュッゲの重要性は、デンマークの天候に関係しています。寒く、暗く、湿気のある時期が屋内での人のつながりを生み出しています。それが、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー人が家族や友人と一緒にいるときの過ごし方となっています。ヒュッゲは心地よく一緒に過ごす方法であり、生活における自然な幸福感を表しています。キャンドルライトの暖かい灯はヒュッゲであり、そのまま映画を見ながら最愛の人と親密になれます。そして、生活における大きなことでも小さなことでも、友人や家族と一緒に座って話し合うことこそ最高のヒュッゲと言えます。おそらくデンマーク人の幸福度が世界で上位なのは、ヒュッゲのおかげなのでしょう。

米国 | Halloween

米国では 10 月 31 日にハロウィーンを祝います。子供はコスチュームを身に付け、お菓子をねだりに行きます。近所で「Trick or Treat」と言いながら一軒一軒キャンディをねだるのです。ハロウィーンの伝統として他には、ジャックオランタンとしてカボチャに顔を彫り、お化け屋敷に行ったり、ホラー映画を見たりします。またお祝いとして、アメリカ人はカボチャ、コウモリ、クモ、黒猫、お化けなどで家を装飾します。

スロベニア | ポティツァケーキ

材料:

イースト生地:

  • 小麦粉 1 kg
  • イースト 30 g
  • 卵黄 3~4 個
  • 温めの牛乳 300ml
  • バター 120 g
  • 塩大さじ 1 杯
  • 砂糖大さじ 2 杯
  • 型用の油

 

具:

  • クルミ 600~700 g
  • ハチミツ 200 g
  • 砂糖 50 g
  • 牛乳 100~200 ml
  • 卵 1 個
  • シナモン
  • ラムかブランデーを少量

準備: 

生地:暖かい環境で生地を準備します。塩(ティースプーン 1 杯)を小麦粉に加え、イーストを砂糖(ティースプーン 1 杯)、小麦粉(大さじ 2 杯)、ぬるま湯または牛乳(50 ml)と混ぜます。暖かい場所で寝かせます。小麦粉の中央に小さな穴を開け、溶き卵、イーストミックス、溶かしたバター、砂糖を注ぎます。泡立つまで温めの牛乳を継ぎ足し続けます。15 分間、または泡が出てきて生地がボウルから離れるまで泡立てます。小麦粉を生地に振りかけ、ナプキンで覆います。もう一度暖かい場所で寝かせます。 

具については、牛乳と砂糖と一緒に、砕いたクルミまたはすりつぶしたクルミを炒ります。はちみつを熱して液状にします。クルミを加え、さらにシナモンを加えます。具をしばらくそのままにして冷まします。そして、卵を 1~2 個加え、優しく混ぜます。厚さ 1/2 cm になるよう生地を延ばし、温かい具を生地にまぶします。しっかりと巻き、パンの受け台にセットします。ポティツァをゆっくりと寝かせます。オーブンでもいくらかふくらみます。焼く前に、ポティツァに溶き卵を塗りつけておきます。220 °C (上火/下火)で 1 時間焼きます。そして、型に入れたままさらに 15 分間冷まします。最後にお好みで砂糖を振りかけます。 


ルーマニア | Socrova の習慣

 ルーマニア人の習慣の中で最も美しく、おもしろいのが「Sorcova」です。1 月 1 日に、子供たちが家族や隣人全員の新年の幸運と健康を祈る習慣があります。子供たちは、さまざまな色の花で飾られたスティックや小枝の Sorcova を持って讃美歌を歌いに行きます。1 月 1 日の朝、子供たちは健康と幸運を祈りながら親や知人を Sorcova で軽く叩くのです。最近では Sorcova は造花ですが、かつては聖アンドリューの日(11 月 30 日)や聖ニコラスの日(12 月 6 日)に切られ、水で生けたリンゴ、洋梨、プラムの小枝が使われていました。讃美歌の後、Sorcova は家の東側の隅か、清らかな場所に年中置かれます。

イタリア | Panevin Feast

Panevin は、イタリアの Venetia の古い伝統です。この祝宴の趣旨は、富裕を願うクリスマスと新年の両方のお祝いです。この祝典では、過去を忘れ新年に備える合図として、山積みにされた木や枝がエピファニー前夜の夕方に燃やされます。炎が燃えている間、農家は火の粉や煙の方向を見て、新年が豊作か不作かを占うと言われています。

シンガポール | シンガポールスタイルのクリスマスツリー装飾

クリスマスを祝う地元の家族は、自分たちのクリスマスツリーを飾り付け、家を装飾します。シンガポールスタイルでオリジナルクリスマスツリーを作る簡単な方法を紹介します。造木の品質にこだわります。枝を調整してふんわりと立たせます。好みのテーマを考えます。電飾チェーンから始め、自分のモットーに関する装飾を選びます。ボーブルやリボンが自分のテーマに合う色になるようにします。最初にボーブルを密集させます。次に、リボンを重ねて、ツリーに巻きつけます。完璧な仕上がりにするために、木の頂上には、テーマに沿った表現力豊かなものを選びます。ライトをつけて、シンガポールスタイルのクリスマスツリーをお楽しみください。

フランス | ロマンチックな詩

夏の終わりのような秋は、伝統的なフランスの物憂げなロマン主義にぴったりのクレードルと言えます。どうぞご自由に温かいお飲み物や毛布を取って、シャルル・ボードレールの詩で OASE フランスのチームのおもてなしをお楽しみください。

 

詩:  

だが、今日はすべては苦い、甘く麗しき人よ 

わたしが愛する、あなたの切れ長の目の緑の光も、 

あなたの愛も、サロンも、暖炉も、何ものも、 

海の上に光り輝く太陽にはかなわない。 

 

だが、聞き分けのない邪な子さえ愛する母のように、 

やさしい心よ!わたしを愛しておくれ、 

恋人よ、妹よ、輝ける秋の、さもなければ夕日の 

はかない甘い歓びであっておくれ。 

 

Chant d'automne(秋の歌) 

シャルル・ボードレール 

Les fleurs du mal(悪の華)